本宮山城

ほんぐうざんじょう
  • 名称ほんぐうざんじょう
  • 俗称・別名加茂氏古墟
  • 所在地掛川市八坂
  • 様式山城

加茂加次郎が居城していたと伝えられる山城

本宮山城は加茂加次郎が居城したと言われている。『掛川誌稿』には「山頂平なること数十歩、溝塁の跡猶遺りたり、其傍に加茂加次郎が墓と呼ぶものあり」とみえる。
城は標高205mの本宮山を最頂部として東西500m、南北400mの規模で、尾根上にいくつもの曲輪を配置している。主郭は北側に高さ5m、東側に高さ3mの石垣が築かれている。東側中央部には張出部を設けて、東南部が階段状になっていることから虎口の一つである。二ノ曲輪は主部の南側に位置し、三ノ曲輪は二ノ曲輪の南側1.5m下である。主郭の北側から三ノ曲輪の東側には幅6mの腰曲輪が設けられている。北曲輪は主郭の北側の腰曲輪から5mほど下に位置している。南曲輪は三ノ曲輪の南側に位置し、東側に腰曲輪を設けている。主郭、曲輪の多くは山林・茶畑となっているが、往時の姿をとどめている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する