星川砦

ほしかわとりで
  • 名称ほしかわとりで
  • 所在地掛川市大坂
  • 様式山城

高天神城の防御と、囮城の役割を持った城砦

高天神城南側、星川山前面にあり、標高100mを櫓台とし、山腹、山麓部にかけて波状階段式曲輪群で、防禦城砦を取っている。各派生尾根、舌状部分に遮蔽土居を構築、皆仏池、星川池等により谷部よりの防禦体系を取っている。山頂の鞍部に低土塁が設けられている。
本砦は、南部侵入軍に対する防禦上の砦でもあり、囮城的砦でもある。本砦も高天神城同期の縄張で構築されている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する