美人ヶ谷城

びじがやじょう
  • 名称びじがやじょう
  • 俗称・別名石谷城、石谷氏古址
  • 所在地掛川市上西郷
  • 様式山城

倉真川と滝ノ谷川の合流点の北方に築かれた山城

倉真川とその支流・滝ノ谷川の合流点から北方へ600mの南へのびる尾根上に築造されている。『掛川誌稿』には「殿垣戸と云所は石谷氏の宅趾とも云…、山頂を櫓の趾といひ…」とみえる。
城は主郭のある標高100mを最頂部として南北に細長い尾根上に曲輪、堀切などを配置し、主尾根から西側へくだる尾根にも曲輪が配置されている。主郭を除く多くは畑地となり変形している。主郭のある曲輪は北側は大堀切により地形的弱点を補なっている。二ノ曲輪は主郭の東南隔から南に曲輪、腰曲輪を配置している。そして、帯曲輪が主郭の北側から二ノ曲輪の東側までのびている。三ノ曲輪は堀切を隔てた南側に築かれ、大手曲輪へと続くが、畑地となり変形をとゞめない。西曲輪は「櫓跡」と呼ばれる曲輪とその南側にも曲輪が配置され、西曲輪へと続いている。搦手口は主郭から北東側に下る字「保戸貝戸」であろう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する