孕石城

はらみいしじょう
  • 名称はらみいしじょう
  • 俗称・別名孕石主水古宅
  • 所在地掛川市孕石
  • 様式山城

原野谷川右岸の丘陵に築かれた山城

孕石城は『掛川誌稿』には「…此主水は初今川家の士なり…」とみえる。また、『原氏家譜私考』には「原氏8代忠益の弟、高忠を祖とする」とみえるが詳かでない。
城は原野谷川右岸の標高140mを最頂部として東西250m、南北150mの段丘上にいくつかの曲輪を配置している。主郭、二ノ曲輪、西曲輪、腰曲輪、土居などでいずれも畑地となり変形している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する