萩原口砦

はぎわらぐちとりで
  • 名称はぎわらぐちとりで
  • 所在地掛川市上土方嶺向
  • 様式山城
  • 関連武将武田勝頼 徳川家康

犬待坂から高天神城に通ずる西の門口に設けられた砦

天正6年11月3日、武田勝頼高天神城へ兵糧米を入れるが、同日横須賀入江で家康と対陣、東大谷犬待坂で小合戦し、東大谷峠越に高天神城に入る。また『横須賀原始考』によると、普門寺の僧、観密坊、竹本坊なる者、大須賀康高の御導役とし、高天神裏口萩原口へ案内したといわれている。
萩原口は高天神城の西、標高105.0mの鞍部にある。谷幅約50m両山腹を削落し、段曲輪を設け、更に両山頂部は削平され、約100m²程度の面積となっている。近年まで嶺向いより東大谷に抜ける横須賀往還で、旧道はこの峠を通っており、現在も一部残っている。
萩原口砦は、犬待坂より高天神城に通ずる西の門口で、東大谷背出しと、送り神、志こく、甚八峯に挟まれた間道でもある。この萩原口南裏山は標高200mの萩原峠で、尾根添に高天神城西ノ丸に通じている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する