西山城

にしやまじょう
  • 名称にしやまじょう
  • 俗称・別名吉岡城、飯田氏城址、長者屋敷
  • 所在地掛川市吉岡
  • 様式平山城

尾根上に造られた曲輪と、河岸段丘・吉岡原台地上の居館からなる平山城

掛川市吉岡の吉岡原台地北端平坦部および尾根上に築造されている。城跡の一部は袋井市側に及んでいる。『遠江国調誌』には「…鎌倉に於て鶴岡八幡宮神前にて静御前の舞を右大将頼朝公御賞翫の時に原田荘西山城主工藤信濃守祐光…」とみえる。
城は主郭のある標高98mを最頂部とする尾根上に造られている曲輪と、その東側の原野谷川によって形成された河岸段丘・吉岡原台地上の居館から成っている。
主郭のある主尾根は大堀切によって南側の曲輪と北側の主郭とに分断されている。主郭は畑地として利用され原形をとどめていない。堀切の南側には二ノ曲輪、三ノ曲輪、腰曲輪などが配置されている。
二ノ曲輪は上段・下段につくられ、上段は尾根上であり平坦であるが、下段は東への緩斜面につくられているが変形している。
三ノ曲輪は二ノ曲輪の南側で、上段と下段につくられている。下段東側緩斜面も曲輪であろう。二ノ曲輪と三ノ曲輪との間には東側からの枡形が残り、虎口となっている。
居館は主郭から東へ150m離れた平坦部に位置する。かつては東西48m、南北30mほどの方形で、東西隅を虎口とし、周囲を幅6m、高さ4mほどの土居が囲らされていたが、畑地として変形されて土居の高まりをわずかに残すのみである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する