成滝館

なるたきやかた
  • 名称なるたきやかた
  • 俗称・別名長者宅址
  • 所在地掛川市成滝
  • 様式その他

今なお「南大門」「北大門」の地名を残す館

成滝館は『掛川誌稿』には「長者宅趾、今ノ駅路ニ誇リテ…」とみえる。館跡と推定されるところには昭和初期まで堀と土居に囲まれた井戸が遺存していた。江戸時代以後、道路、圃場整備などにより変貌し、「南大門」、「北大門」の地名を残すのみである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する