栃原城

とちばらじょう
  • 名称とちばらじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地掛川市原里
  • 様式山城

原野谷川流域を支配した原氏と関係ある山城

栃原城は西方0.7kmの台地に高山城があり、原野谷川流域を支配した原氏と関係ある城跡の一つである。
城は標高173mの城(ジョウ)山(ヤマ)と呼ばれる栃原山の山頂から麓にかけて東西300m、南北200mほどの規模で主郭、曲輪、居館などが配置されている。主郭は尾根の最頂部を削平して造られ、北側は堀切りで尾根を分断している。二ノ曲輪は主郭の南側20mほど下に配置している。二ノ曲輪の西側には三ノ曲輪、西曲輪が配置されている。居館は二ノ曲輪の南麓の段丘上である。主郭の他は畑地、宅地となり変形し、周辺に「横手」、「大門」の地名を残している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する