伊達方城

だてがたじょう
  • 名称だてがたじょう
  • 俗称・別名伊達縫殿古墟
  • 所在地掛川市伊達方
  • 様式山城

東西200m、南北200mの規模を持つ伊達氏の城

伊達方城は『掛川誌稿』には「慶雲寺の地は旧伊達縫殿助と言人の古墟なるよし。天文の初には伊達氏も断絶し、禅院となりしと見えて…」とみえる。
城は主郭のある標高93mの尾根を最頂部として東西200m、南北200mの規模で、東南に続く尾根は堀切りによって分断されている。主郭は一辺30mほどの規模で、北側、西側、東側とも谷となっている。居館跡は主郭南側の慶雲寺境内である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する