滝ノ谷城

たきのやじょう
  • 名称たきのやじょう
  • 俗称・別名中山城、滝城
  • 所在地掛川市上西郷
  • 様式山城

滝ノ谷川左岸に築かれた山城

倉真川の支流、滝ノ谷川左岸の城山と呼ばれる山頂一帯に築造されている。城主は滝氏とも大手曲輪附近とみられるところに建つ碑文の中村祐斉とも言われているが詳かでない。
城は標高120mの南北にのびる尾根の最頂部を主郭として、他の尾根上に曲輪を配置している。遺構は主郭、二ノ曲輪、腰曲輪、帯曲輪、大手曲輪、搦手、土居、堀切、北曲輪、西曲輪などである。これらの多くは畑地や、崩落などのため変形している。主郭のある主尾根は大堀切によって北曲輪と分断され、西曲輪も堀切と谷によって北曲輪、主郭と分断されて、地形的弱点を補っている。
主郭の上段北側には土居と帯曲輪を設け、下段の北西隅が虎口となっている。主郭西側には腰曲輪、二ノ曲輪、大手曲輪が配置されている。北曲輪は主郭北東側の大堀切を隔てゝ配置されている。西曲輪は大堀切と谷で主郭と北曲輪から隔てられている。搦手は主郭の北東隔から南東にくだる尾根上につくられている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する