高天神兼明屋敷

たかてんじんかねあきやしき
  • 名称たかてんじんかねあきやしき
  • 所在地掛川市中
  • 様式その他
  • 関連武将今川了俊

今川了俊が応永年間に美濃から招いた刀匠兼明が居住した屋敷

今川了俊が応永年代に高天神城下に美濃の刀匠兼明を召れ、文明年間まで三代居住した屋敷跡。
現在田地及び宅地となり原形なし。但し田地となる以前、昭和の初期まで屋敷跡はあり、古老の証言及び古図等から一応の輪郭は求められた。これよりみると、四方に四方殿を作り、金山神社を祭る。屋敷は高土居で囲み、屋敷の内外に堀を有す。門前より屋敷まで約30mの囲土居をもつ面積500㎡の屋敷内であったといわれる。
兼明屋敷西隣に宝屋敷跡がある。兼明屋敷と職業的なつながりがあり、また200m離れた現在池となっている兼政池も刀屋敷跡といわれている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する