高代山砦

たかしろやまとりで
  • 名称たかしろやまとりで
  • 俗称・別名高代山故城
  • 所在地掛川市細谷
  • 様式山城

原野谷川によってつくられた沖積平野に残る二つの独立丘に曲輪を配した砦

高代山砦は『掛川誌稿』には「高城山故城、孤山なり、岡津村の旗指山と相対せり」とみえる。
砦は原野谷川によりつくられた沖積平野に残る二つの独立丘の尾根上に曲輪を配置している。主郭は丘頂の北端に一辺10mほどの規模で、幅2mほどの土居で囲まれ、虎口が東南隅につくられていた。そして南側に幅6mほどの堀切を隔てて二ノ曲輪、三ノ曲輪を配置し、その西側、東側に帯曲輪をめぐらしている。
砦は昭和初年代から土取、開墾のため変形している。主郭の南側には古墳群があり、曲輪としての施設はないが、利用されたであろう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する