帝釈山砦

たいしゃくやまとりで
  • 名称たいしゃくやまとりで
  • 所在地掛川市川久保
  • 様式山城

今川時代に築かれた高天神城の支城で、南部の防御縄張で構築された要害城

高天神城東南2.5kmにあり、標高45.0mの帝釈山を中心に東西に伸びる尾根及び山麓一帯を含め、中村城山と接する持口を境とし城郭を形成している。帝釈山を主軸とする櫓台の外に赤山櫓、白鳥山櫓を設け、兼政池の両翼に伸びる先端及び山腹山麓にかけ波状階段式曲輪を設け、各鞍部に低土塁を配置、切堀を主要鞍部、山頂尾根添に幅7.0mの武者走を併設、陣館は山腹のくぼみ及び山麓谷戸に配置し、防禦形式を取った城塞となっている。
本砦は中村城山と一体となった城域と思われるが、釜田砦と接する点の低地防禦を主体として作られたか、また、当時入江であった中村城山の前衛的城塞かである。今川水軍は相良及び国安、横須賀に拠点を持ち、本城前の海戸部落はその舟付場ともいわれ、四艘、大名小路、みの輪、上屋敷の名がある。附近川久保に鍜冶屋敷等あり、本砦の赤山櫓台はもと赤山神社が祭られていたが、江戸中期に山麓に下ろす。本神社は天正8年に建てられたものともいわれているが定かではない。本城も今川時代高天神城支城群の一つとして築城、南部に向っての防禦縄張で構築された要害城となっている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する