代官屋敷

だいかんやしき
  • 名称だいかんやしき
  • 所在地掛川市海戸
  • 様式その他

今川氏が駿遠の領地に神宮造営のために派遣した調達吏=代官の屋敷

L字型に堀跡が残っている。幅5.0m、延長約40m、現在はこの堀の部分を埋立て通路としてコンクリート張に変形。
江戸時代末期まで堀と土塁が残されていたと言われている。この代官屋敷は孫名または屋号というが、江戸時代の地籍図にはそれらしきものはない。古老の伝によると、今川時代の代官屋敷で、この屋敷前に蔵跡という孫名がある。これとも関連しているという。
駿遠両国の守護今川氏はとくに熊野信仰に厚く、熊野三山の神領を厚く保護した。このことにより遠江国が新宮造料国となるに及び、今川氏は駿遠の領地に神宮造営のための調達吏を派遣する。この調達吏が代官で、現在中村満勝寺を建立したという雑賀氏は、熊野三山の代官としてこの地に及んだものであり、この関係からこの海戸の地に収納のための蔵を持ち海運により伊勢神領に調達奉納したとみられ、この代官屋敷が当時のものといわれている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する