相ヶ谷砦

そうがやとりで
  • 名称そうがやとりで
  • 俗称・別名相谷ノ屯
  • 所在地掛川市五明
  • 様式山城
  • 関連武将徳川家康 今川氏真

掛川城に逃れた今川氏真を攻めるため、家康が築かせた附城の1つ

相谷砦は永禄11年(1568)領国支配力を失い、朝比奈泰朝の守る掛川城に逃れた今川氏真を攻めるため、徳川家康が掛川城周辺に築いた附城の一つである。『武徳編年集成』永禄11年12月条に、「味方ノ六備掛川ノ城下ニ迫リ御旗本ハ相谷ニ屯ヲ設ケ玉フ…」とみえる。砦は倉真川右岸の飛鳥山の北方1kmの南へのびる標高84m前後の尾根上に築かれている。茶畑など開墾による変形が著しい。周辺には「バショガヤ」「打越」「小市」などの地名を残している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する