神宮寺砦

じんぐうじとりで
  • 名称じんぐうじとりで
  • 所在地掛川市大坂
  • 様式平山城

高天神城の南部からの侵入に対しての要塞的役割を果たした城砦

県道掛川大須賀線に接する西側丘陵地域で、大坂貞永寺手前北側の丘陵を指す。標高25.9mの山頂部を主軸とし構築されている。本砦は波状階段式曲輪を併設し、尾根櫓部分を削平、太鼓形台を設け防禦形態を取っている。南側土塁は三井山城北ノ谷と結び、2土塁で芳峠口を防禦している。鞍部は低土塁を配し背部は武者走で連絡されている。
旧横須賀街道が本砦の南の谷添に芳峠越と向っている。縄張は高天神城形式と同一であるが、三井山と一帯となった城郭内にあるもので、南部からの侵入に対しての要塞的役割をはたしている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する