次郎丸砦

じろうまるとりで
  • 名称じろうまるとりで
  • 所在地掛川市上西郷
  • 様式山城

倉真川と初馬川の合流点の北方に築造されていた城砦

次郎丸砦は倉真川と初馬川の合流点北側500m、標高59mの上位段丘と南側の標高40mの下位段丘上に築造されている。砦の東側、南側は倉真川に囲まれ、西側は水田となっている。上位段丘上に造られている主郭は北側を堀切りにより尾根とを分断している。南は広大で東西70m、南北120mほどの規模で曲輪と腰曲輪を配置している。地形的に優れており、『武徳編年集成』所載の八幡山砦は本砦とみられる。砦は道路、畑地となり変形している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する