塩井川原砦

しおいがわらとりで
  • 名称しおいがわらとりで
  • 俗称・別名塩井原ノ砦
  • 所在地掛川市伊達方
  • 様式山城
  • 関連武将徳川家康 今川氏真

掛川城に逃れた今川氏を攻めるため、徳川家康が築いた砦の1つ

塩井川原砦は、永禄11年(1568)領国支配の抗争に破れ、朝比奈氏の守る掛川城に逃れた今川氏を攻めるため、徳川家康が掛川城周辺に築いた砦の一つである。『武徳編年集成』永禄12年9月条には「松平玄蕃頭師実懸川ノ加番ヲ真乗ニ代テ新坂ノ辺塩井原ノ砦ヲ守リ功ヲ成ス…」とみえる。
砦は、主郭のある標高86mを最頂部として東西100m、南北200mの規模で、南北にのびる尾根上に曲輪を配置している。主郭は北端を堀切によって分断され、北側からの防禦に備え、西側には帯曲輪を配している。二ノ曲輪は主郭南側に2段に築造され西側に腰曲輪を配置している。砦跡は、天正18年の山内一豊による掛川城修築時の採石場、茶畑、道路となり変貌著しい。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する