国包屋敷

くにかねやしき
  • 名称くにかねやしき
  • 俗称・別名鍛冶屋敷
  • 所在地掛川市国包
  • 様式その他

古くから刀工が暮らしていたとされる屋敷跡

『高天神城戦史』に、国包村は往古刀工の居住せるを以て地名となった、要害の東に国包の宅跡がある。其の裏山は古来神聖なりと婦人の出入を禁ず、国包の刀は秋葉山の秋葉寺に所蔵されているという。
菊川の国安橋左岸北側砂丘上にある。現在宅地となり遺構は消滅。鍜冶屋敷といわれる箇所は、平安、鎌倉時代を通じての、製塩、製鉄、陶器の生産場であり、現在窯跡が残っている。刀工屋敷として固定されたものではない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する