岩井寺砦

がんしょうじとりで
  • 名称がんしょうじとりで
  • 所在地掛川市岩井寺
  • 様式山城

高天神城の支城の1つとして構築された砦

掛川市子隣と掛川市高瀬との境界、標高100mの岩井寺山を主軸として山頂を利用、波状の階段式曲輪を併設して北部からの侵入防禦を図って構築されている。現岩井寺裏側に高土塁及び陣郭あり、又東側に切堀がある。
本砦は現掛川大須賀線、岩井寺隧道の真上にあり、高天神城の支城郡の一つとして構築されたものである。戦国期掛川へ抜ける佐束谷からの唯一の往還で重要な交通路である。
山頂に慶長年代大須賀康高の建立した祈願所、真言宗岩井寺がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する