釜田砦

かまたとりで
  • 名称かまたとりで
  • 所在地掛川市大坂
  • 様式山城

高天神城の支城として構築された防御城郭

高天神城の南2.8km、五ツ塚山を中心とする帯状の丘陵山地を波状階段式曲輪で構築、防禦城郭を形成している。主郭とする櫓台は、標高37.0mを頂点とし、尾根添に武者走で連絡されている。陣館は谷懐に設け、特に南面平地にその構成がみられる。尾根添鞍部は低土塁を設けている。釜田前面の沖積地は、宝永以前まで入江または沼地であった所である。本砦は南に向け外敵に対する保塁形式となっており、高天神城支城群の一つとして構築された。
この砦中間谷部に次郎左屋敷の地名あり、高天神城主岡部丹波守真幸が妻子を置いた屋敷跡という。また寺屋敷の地名あり、現川久保の本勝寺跡地で、高天神城主小笠原与八郎の建立した寺跡である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する