小谷田城

おやだじょう
  • 名称おやだじょう
  • 所在地掛川市山崎
  • 様式平山城

横須賀城の北方に築かれた連郭式の山城

本城は横須賀城の北方にあり、小笠山舌状丘陵台地上の先端部に位置し、標高56.0mの山頂部を主軸とし、連郭で構成されている。尾根添に土塁を設け、特に南側に幅広い単郭式の陣館を配している箇所あり、虎口は谷間の奥側にあり折虎口となっている。櫓台は部分的にあり、山頂部を利用し配備されている。曲輪は山上附近に2段程度に設けてあるが、南面の山腹及び宇藤坂附近に於ては山麓にかけ帯状に多段に設けてある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する