岡部丹波屋敷

おかべたんばやしき
  • 名称おかべたんばやしき
  • 所在地掛川市大坂
  • 様式その他
  • 関連武将岡部丹波守真幸

武田の家臣で高天神城最後の城代・岡部丹波守真幸が妻子を置いた屋敷

高天神城最後の城代、武田の家臣岡部丹波守真幸が妻子を置いた屋敷跡。天正9年落城のとき、真幸戦死のため妻子は後に隣の新川村に移って帰農、後裔岡部氏一族は現住している。
現在は茶畑となり屋敷跡はない。岡部氏屋敷跡は、釜田砦の杉谷と寺ケ谷の中間の谷にあり、砦の陣屋敷の一部となっていたとみられる。背後は釜田砦の五ツ塚櫓台と接する重要な位置にある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する