宇峠城

うとうげじょう
  • 名称うとうげじょう
  • 所在地掛川市上土方落合
  • 様式山城

鎌倉往還が通る宇峠に築城された高天神城の支城

本城は高天神城東北約2.0km、標高101mの宇峠山(ダルマ山)を主郭とし、放射状尾根群を武者走にて連絡、各櫓台と結ぶ。山腹に波状の階段式曲輪、各谷懐に溜池、尾根鞍部に低土塁、陣館は山腹に配備されている。段曲輪と館の併用方式を取り、宇峠東側、二ノ谷峠の東西面の山腹にそれぞれ120㎡程度の郭群がみられる。
本城は高天神城支城群の一つで尾根つづき南側400m地点に能ケ坂砦を配する。西側に落合部落があり、落合から菊川に抜ける鎌倉往還が宇峠を通っているが、江戸時代の後半二ノ谷に新しく開通させ、日向ケ谷へと迂回させた。附近に浅羽氏の建立した華厳院あり、また小貫合戸に弁天社あり、尾根添に風吹峠へと連絡、更に小笠山砦と結ばれる虎口がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する