上ノ山城

うえのやまじょう
  • 名称うえのやまじょう
  • 所在地掛川市西大渕
  • 様式平山城

丘陵台地と枝尾根を利用して築城された城

本城は掛川市三熊野神社背後の丘陵台地及び枝尾根を利用し築城、現在は大半が消滅し、僅かに横須賀高校グランド北側の舌状山地に段曲輪、空堀、土塁が残っている。谷合いに土塁で囲まれた館跡、丸井戸等が残っている。
城先端部に三熊野神社がある。宝永年代以前神社前附近まで舟が入ったといわれている。応仁2年、斯波義広が遠州の守護となった折、小社を建立、馬次の宿馬を設け三社市場を開いたのがこの神社の始まりという。徳川期には領内他藩の年貢米、特産物の輸出基地として栄えた処である。本城も小谷田城、松尾山城等同期の構築である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する