岩滑城山

いわなめじょうやま
  • 名称いわなめじょうやま
  • 俗称・別名城台ヶ谷城
  • 所在地掛川市岩滑
  • 様式山城

街道防御を目的として築城された、円形縄張の城山

本城は高天神城の東約3.2km、横地城の西5.0kmに位置する城台山標高52.7mの山頂を主軸とし、2つの尾根を利用し、山腹に波状階段式曲輪、鞍部に切堀、谷懐に陣館を、又、尾根の櫓台間の主要部に低土塁を設け築城されている。本城の主軸とする城台山は約90㎡程度の削平された郭台で南側に面し円形に作られ、段下の郭面も円形方式を採用、鞍部との根方部分は幅3~4mの帯状曲輪で形成、また尾根部先端及び山腹の突出し段曲輪は帯状に数段に廻されて構築、山頂櫓台は鉢巻状に段曲輪で構築されている。本城は主に谷間に面し、防禦形式を取る縄張となり、菊川市西平尾まで伸びている。この城郭谷戸に溜堀を配している。
旧鎌倉街道は毛森附近より田ケ谷砦、火ケ峯砦山頂南側を抜け、山袖添に岩滑玉体附近より西平尾、または菊川市稲荷部を通り東横地に抜けたといわれる。本街道は大正年代まで地区の主要街道として栄えた。この城山は、この街道を挟む形で構築され、西平尾城台山を中心とした街道防禦の形式を取っている。築城形式は円形縄張を採用、高天神城縄張とは異った手法である。城台山は横地城の真西に当り、眼下に展眺でき、また高天神城の真東に当る。本城は高天神城域外でむしろ横地城附近の城とみる。稲荷部に出る山頂部を矢立峠という。また西平尾時音寺に横地関係の戦死した武将の墓がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する