入山瀬三郎館

いりやませさぶろうやかた
  • 名称いりやませさぶろうやかた
  • 所在地掛川市入山瀬
  • 様式その他

豪族・土方氏の流れを汲む入山瀬氏の居館

『小笠郡誌』によると「南北朝末年入山瀬八郎なる者有り。続太平記によると、遠江国住人入山瀬八郎久朝、兄結城七郎氏朝云々とあり、其の他の事跡詳らず、按ずるに久朝、結城氏にして本郡入山瀬に住し因って氏となしたるものか」とある。土方氏系図によると直久の2男直光を入山瀬二郎、その子、二郎、三郎、孫三郎、彦太兵衛尉とある。
下小笠川添、県道掛川大東大須賀線菅ケ谷バス停西側附近を指す。現在遺構消滅。
附近の地名を三次海戸、海戸という。この海戸附近より風吹峠に通ずる掛川往還と小笠神社に通ずる古道がある。増田実氏によると入山瀬三郎は土方氏系図に有るように入山瀬二郎直光であり、豪族土方氏の流れで小笠神社の神官でもあったと古来より伝えられているという。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する