池田縫平屋敷

いけだぬいへいやしき
  • 名称いけだぬいへいやしき
  • 所在地掛川市中
  • 様式その他

現在の亀惣付近の美田を造成したと言われる毛森領主・池田縫平の屋敷

小笠原長忠の家臣、毛森村を領主、田ケ谷池を築造する。天正2年高天神城開城の時、城主長忠に随って東退する。
田ケ谷砦の先端部、前方山北側台地にあり、現在渡辺平四郎宅内を指す。宅地北側に土塁がわずかに残り、土塁高1.2m下幅2.0m。
『高天神城戦史』によると、池田縫平は毛森の領主で、田ケ谷池を構築田園開発を行い、現在の亀惣附近の美田を造成したといわれている。この台地には縫平屋敷と同じような遺構を持つ屋敷群があったとみられ、各所に関連遺構がみられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する