比木、殿の山

ひき、とんのやま
  • 名称ひき、とんのやま
  • 俗称・別名どんの山、比木殿ノ山城
  • 所在地-
  • 様式平山城

鎌倉時代に比企判官能員の居城跡との伝説がある城跡

城史については不明であるが、中世における比木荘の現地支配者にかかわる、または、その系譜をひく土豪の城館であった、とする見解は妥当であろう。
位置はこの城の本城とみられる比木城山の南方450mの地点で、殿の山はその出城かとも思われる。地元では「どんの山」と呼んでおり、北西から南東に長軸をもつ180×80mの丘陵東南半分を利用した平山城である。東西にはしる幅4~5mの堀を越すと、主郭(標高52m)があり、また、物見櫓跡と思われる小区画がある。西南方面から主郭を包んでいる地況は、南と北では若干の高低差があって、二郭に分れているものかともみられる。虎口を思わせる遺構や、水の手、土塁も一部残存しており、小さな山にしては比較的要害である。
残存地名をみると、遍照寺跡・おおみどう・りよう門(寮門か)・おかたやしき・うえやしき等があり、比木城山をふくめ中世の根古屋的関係の名称と考えられる。
このうち「おかたやしき」附近からは南北朝、室町期のものとみられる四耳壷の蔵骨器が出土している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する