釜原城

かまっぱらじょう
  • 名称かまっぱらじょう
  • 俗称・別名鎌原城
  • 所在地-
  • 様式平山城

戦国時代の築造といわれる、連郭式または一城別郭の城砦

城史についての史料がなく不詳であるが、山田ケ谷の聖道寺(今廃寺、もと仏念の谷にあった)に伝わる『正道寺縁由記』に、この城は南北朝初期の戦いで落城したという伝説がある。連郭式、見方によっては一城別郭の砦であった、戦国時代の築造といわれるが、或はその前身の城主を新野氏の一族に擬し、時代を遡らせる説もあって定かでない。
城跡は新野字中尾・山田ケ谷と高橋字佐栗谷に亘る浜岡町と小笠町の境界、標高66mの低い丘陵地。北西から南東に広がる長さ250m、幅60mの区域で釜原(カマッパラ)と呼ばれる。また、鎌原とも書く。
地理的には別掲、高橋の城の南方尾根続きで、新野城に近く、塩買坂方面への街道を扼し、また西方高天神城に対峠する河東山東端の要衝にある。
中尾集落の南端、県道の北西に「殿のや」という小字名があり、その谷の細道を山裾に沿って進むと曲輪状の部分に出る。ここが追手と思われ、左右の曲輪からこの登り道を扼している。さらに進むと三の曲輪(20m×15m)に入る。その西隣りには20m×35mの細長い二の曲輪があり、そこから後世の作道を北西にとると5m高く主郭つまり一の曲輪が連なる。主郭西側は急峻な「仏念」という谷である。ほとんどは茶畑造成時に取り除かれたといわれるが、北西と北と西側に僅かに小さな土塁跡を残している。また、東隅中腹には腰曲輪を付け、尾根は3か所で切られ、北隅から中尾溜池方面に延びる尾根は2か所の堀切で守られ、北西隅からは両側が深い谷となった、馬一騎がやっと通るに足る程の長さ40mの鞍部を通り、北の出曲輪に出る。出曲輪は北西に向って崩れ、今は強い斜面となっているので旧状はわからない。下方左手に観音堂の跡、右手には庚申松と呼ぶ老松が茂る小郭があり。両所の間を小径が抜けている。この通路が昔時の搦手であろうと思われる。それより西北方高橋の佐栗谷側は、土地造成のため旧状をとどめていない。地況から観音堂跡、庚申松の両郭はともに北の出曲輪を守る笹曲輪的な存在であったろうか。
この城の特色は縦に長く曲輪を配列し、周囲はすべて急峻な浸蝕谷を利用して堀切は比較的少ない。恵まれた天然の要害といえよう。
城域の周囲には数多くの五輪塔、宝篋印塔があり、仏念の茶畑の一角に落城当時戦死した50人を葬る塚があり、この辺から太刀・武具類が出土したことがあるという。また、中尾の「トンノヤ」の入口に居館跡があり、その前方の山すそにある古井戸には、落城に際して城兵が「金の釜」を投げ入れたという伝説がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する