長者屋敷

ちょうじゃやしき
  • 名称ちょうじゃやしき
  • 所在地磐田市寺谷字長者屋敷
  • 様式その他
  • 文化財指定静岡県指定史跡

地方官衙的施設の一部と推定される屋敷

創築年代は不明。主に7~8世紀、律令国家の体制確立期に存続した郡衙等の地方官衙的施設の一部と推定され、土塁・濠の形態は12世紀頃までのものとみられる。
磐田原台地西部、笠井街道(山梨道)北、寺谷字長者屋敷の標高約88mの台地上に位置する。遺構は東西75m、南北50mのほぼ長方形の平坦部のまわりに、東西85m、南北60m、幅5m、深さ1.5~2.5mの堀が東西108m、南北87m、幅11~13m、外周からの塁高1.5~2mの土塁内側にめぐっている。南側正面中央と北東隅に出入口がある。
昭和46年の発掘調査により平坦部東に八間四間の三面(或いは一面)「ビサシ」の建造物跡(掘立柱の柱穴列)と7~8世紀の須恵器、土師器等が多量に発見され、同50年の調査で南側土塁の外側にも濠の存在が確認されたが南以外に外濠を伴なわず、塁高がその外周より比較的低いこと等から当遺跡の古台創築が考えられる。中世以降の遺物は若干出土しているが軍事・防禦的中世方形居館跡としての史料的裏付けに欠ける。当遺跡の西、台地西縁部に銚子塚、水久保、圦下、大塚各古墳群が集中して存在し、南西、匂坂上字大土居に匂坂城跡がある。付近に大道東、大道西の小字が残る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する