城之崎城

きのさきじょう
  • 名称きのさきじょう
  • 俗称・別名城山、見付古城
  • 所在地磐田市見付字城山
  • 様式平城
  • 関連武将徳川家康

今川氏真が立て籠もる掛川城攻略の拠点の1つ

『遠江国風土記伝』には、「回廊凡そ五十町…寿永・建久年間(1182~1190)に安田三郎義定遠江守に任ぜられ茲に住むか」とあるが義定住居の史実は定かでない。『宗長手記』『今川記』等に見える寛正・文明年間(1460~1486)の斯波・今川氏の抗争、混戦に際し一時的にも城塁の機能を有したことが推測されている。関係諸文献により、永禄12年(1569)正月、徳川家康は山本帯刀成氏(成行)の縄張で見付宿の東方山続きの旧塁を崩し、城・屋敷・御在所・堀川の造営等、城之崎の城塁を改修し新城を築き、同年5月、掛川城の今川氏真攻略後、「爰ハ不被可然」(『三河物語』)として築城未完のまま元亀元年(1570)6月、浜松(引馬城)へ移っている。
磐田原台地南、舌状の城之崎丘陵中央、標高約20mの位置にある。本丸跡(120m×120m)は野球場となり土塁・空堀が残存するが、改変が著しい。本郭北西部のL字状土塁は長さ東西70m、南西65m、各々幅15~20m、高さ5~10m。当土塁内側にかつて井戸跡があり、未完のものという。当土塁より東へ長さ60m、幅10m、高さ2mの土塁は改変され、本郭西の球場入口より南へ長さ115m、幅10~20m、高さ9m、更に東へ直角に折れて長さ150m、幅10~20m、高さ7mの土塁が本郭東南隅に至る。本郭東部の土塁はほとんど消滅。空堀は本郭東北より南端へ深さ5~10m、幅10~15m、長さ180m。北と西の土塁ほぼ中央に出入口があり、虎口・搦手の跡と推測される。他の遺構は二の丸跡土塁および東郭の土塁・空堀の一部を残して他は消滅している。
永禄12年3月からの掛川城(今川氏真)攻略の一拠点として築かれた戦国末期の城郭跡といえる。「掛川御対陣ノ御陣城」であった(『浜松御在城記』)。名古屋市逢左文庫所蔵の『遠州見付城図』(江戸)には、本丸(北西に井戸)とその東に出郭、二ノ丸とその北に出郭、本丸に「此丸五六十間」、二ノ丸もほぼ同規模で周囲は堀で囲まれ、「小口」が二ノ丸に4カ所、東の出郭に3カ所描かれている。また、当城より北東、「海道」との間に「此辺侍屋敷ト云」とあり、当城の北西50~60間隔て「入江」となり南から南東に湾曲して「沼」「入江」と続いている。北に見付宿、東海道に接し、西と南に今之浦、東に安久路の谷を控え、見付駅より西貝塚村を経て馬伏塚へ至る馬伏海道(『遠淡海地志』)があり、交通要害の地でもある。家康の浜松城移転は、用水不足とのちの対武田戦に信長の後詰に関連し天竜川を背にする不利などが理由とされる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する