加茂砦

かもとりで
  • 名称かもとりで
  • 所在地磐田市加茂字城屋敷
  • 様式その他
  • 関連武将徳川家康 平野重定

加茂近郷・匂坂筋の代官・平野重定の居館

戦国末期、徳川家康に仕え、江戸初期、加茂近郷・匂坂筋2万3千石の代官となった平野重定の砦乃至居館であり、以後、重政・重長・繁貞3代の代官屋敷として元禄期頃まで存続したと考えられる。『東照宮御実紀附録』に、「重定…永禄の頃当家へ参り加茂村に住せしなり」とある。元亀3年(1572)10月、武田軍の遠江侵攻に際し、『寛政重修諸家譜』に、「東加茂村にをいて、地をえらびて軍営をかまへらる」とあり、二俣城に詰める武田軍に備え、徳川方の一砦として築かれた。
天竜川東の沖積平野、現豊田町大字加茂東乃至気賀西付近に位置したと推定されるが、遺構の存在は確認できない。
西に天竜川を控え、東に二俣街道、南に旧東海道が通る交通要害の地であり、領主支配に適した土地でもある。関連遺構に天正年間、重定築造の寺谷用水とその墓所大円寺がある。加茂東に城屋敷、馬場、高札南・西・東、気賀西に城之内、城之腰の関連地名が残る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する