亀井戸城

かめいどじょう
  • 名称かめいどじょう
  • 俗称・別名善造ヶ城
  • 所在地磐田市下野部字亀井戸小字西浦
  • 様式平城
  • 関連武将武田信玄

武田信玄の遠江侵攻の本陣と思われる城

亀井戸城が、いつ誰によって創築された城であるかは明確でない。
ただ『三河物語』や『浜松御在城記』等の史料からして、元亀3年(1572)10月、武田信玄が遠州に侵攻して二俣城を攻撃した際、本陣とした合代島というのは地形的にみてこの亀井戸城であった可能性がある。
いっぽう、土地に残る古い伝承では、その頃織田信長の家臣に遠州野部を本貫とする野辺越後守当信なる者がいて、下野部字大楽地々内の小字「御前ケ谷」は彼の居館のあった場所であるとも言い伝えているので、或はその「御前ケ谷」と1kmと離れていない亀井戸城は、彼の根城であったことも考えられる。すると、武田信玄が、二俣城を攻略するに際し、まず亀井戸城を手に入れて、修理拡張の上で本陣としたと解しても大きな矛盾はない。
亀井戸城は、磐田原台地の北端近くにあり、天竜川沖積平野に南から北へ突出したL字状台地に構築された連郭式平山城で、社山城と神田山砦のほぼ中間点に位置する。
縄張は、南郭、北郭、東郭、別郭(出丸)とに分かれるが、各郭とも遺構が良好な状態で保存されている。
亀井戸城は、天竜川の沖積平野に突出した台地上に構築されていて、各方面への眺望がよい上、見付、森、袋井方面から二俣城を目指すには回避できない交通の要衝上に立地して、天竜川の対岸における軍勢の動きも容易に観取できる位置に存在する。
附近には社山城をはじめ神田山砦、仲明城等が点在し、いずれとも狼火での連絡が可能である。
なお、城内南郭には中世の宝篋印塔が4基遺存するが、亀井戸城に所縁ある者の墳墓と考えられる。関連地名としては、御前ケ谷、奥屋敷、百屋敷、杉屋敷、ジンタ屋敷、その他が残る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する