鎌田御殿

かまたごてん
  • 名称かまたごてん
  • 俗称・別名長江御殿
  • 所在地磐田市鎌田字中屋敷
  • 様式その他
  • 関連武将徳川家康

鎌田丘陵南端部に位置していたとされる御殿

築造年代は不明。元亀・天正年間徳川家康に仕えた大草氏に関し、『大草家先祖書』初代政吉の項に、「鎌田御殿之御番被仰付候」、『寛政重修諸家譜』同項に、「甲斐国平均のゝち…御厨庄の御代官となり、かの庄鎌田郷の御殿番をつとむ」とあり、家康の五カ国支配が成立する天正期後半には存在したものと考えられるが詳細は未詳である。
磐田原東部台地南の鎌田丘陵南先端部、宇長江崎と医王寺に挟まれた標高2~8mの小丘陵に位置したと推定される。遺構は大部分宅地となり確認できないが、南端の弥生後期~鎌倉時代の複合遺跡・長江崎遺跡(現在調査中)から中世遺物が出土している。
長江崎遺跡の存在により、中世において伊勢神宮領鎌田御厨の経営・管理に機能した関連施設、あるいは集落の存在が考えられ、のち戦国末期に鎌田御殿の地として踏襲されたことも推測できるが詳細は未詳である。関連地名に城之越、城之腰、中屋敷、小門口等がある。付近に家康に関する伝承が多く残る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する