岩井砦

いわいとりで
  • 名称いわいとりで
  • 所在地磐田市岩井字海道原
  • 様式その他

交通の要衝に築かれた砦

『遠淡海地志』岩井村の項に、「砦ノ跡、一ノ久保ト云所ニ元亀年中、本多忠勝ノ砦の跡、大手ノ跡、古井ノ跡有之」とあるが、城史については不明である。
江戸末期の『岩井村切絵図』により、磐田原台地東、岩井原地内南辺を通る旧東海道の北側中程に位置したと推定されるが、詳細は未詳である。遺構は標高約40mの台地部分が国道1号線のため掘削され、付近も旧地形を留めず、確認できない。
当地の東約500mの台地東端に三ケ野台、北東約1kmの台地下に旧岩井村の中心的集落がある。同絵図(江戸末期旗本鍋島氏知行)には、この集落中(殿之谷の地名あり)と岩井原南の2ケ所に「陣屋」とあり、『遠淡海地志』にいう「砦ノ跡」は、後者の地を指したものと思われる。当地は東に三ケ野坂、太田川を控え、南に旧東海道、貝塚道の通る交通の要衝であり、戦国末期の城砦がのちに陣屋として踏襲されたことが推測できる。同絵図陣屋の南西に「東光寺」(廃寺)とある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する